どうして腰の痛みが出てしまうのかという原因について

MENU

産後から腰が痛くなる原因

産後の腰痛がひどい私ですが、どうして痛みがでるのか原因を調べました。

 

妊娠をするとホルモンの分泌によって恥骨や骨盤など関節が徐々にゆるみ始めます。

 

お腹が大きくなると、お腹を支えるためにお腹を突き出した姿勢にもなりますし妊娠中から、腰への負担が増えます。

 

妊娠10ヵ月で、出産を迎えますが一番骨盤が開く時が出産です。

 

出産によって、大きく開いた骨盤は徐々に自分のチカラで戻ろうとします。

 

ですが、骨が元に戻る前に赤ちゃんのお世話など、カラダを動かさなくてはいけなせん。

 

骨盤が戻ろうとしても色々な動作をしてしまい、中々自分の力では骨が戻らないのです。

 

そうこうしているうちに、赤ちゃんのお世話や家事で毎日が忙しくなり骨盤を戻すことが頭の片隅にあっても、行動に移せないまま時間が過ぎていき授乳による猫背や頻繁にする抱っこ。

 

おむつ替えの時の前かがみの体制。ドンドン腰に負担がかかっていき気づけば、ひどい腰の痛みで赤ちゃんのお世話や家事が辛くて仕方ない状況になっているのです。

 

骨盤が開いたままだと、どういう事が起こるのか...。

 

まずは、腰のいたみ。

 

骨盤が開いていると、内蔵が下がってぽっこりお腹になります。

 

骨盤が歪んでいるために、背骨等も歪み肩こりなども現れる事も。。。

 

産後の体重の戻りが悪く、体型戻しも上手く行かなくなります。

 

骨盤が開いていると、太りやすく痩せにくい体質になってしまうのです。

 

骨盤が開いていると、イイ事って無いんですよね。

 

ですが、どう戻せば良いか、自分に合った戻し方を見つける事も意外と難しく行動に移すことも更に難しいものです。
家事や育児に支障がなくて、お金もかけたくない。

 

赤ちゃんのお世話もあるから、なるべく家から出ずに骨盤を戻したい。

 

そうなると、家で自力で戻すしかないわけで。自分で出来るといえば...そう!体操です!