産後の腰痛体操として効果的な物の条件

MENU

どんな体操をすべきでしょうか?

骨盤体操だ!と思いつけばあとは育児や家事の合間に検索していく!

 

「骨盤体操」と検索するとかなりのヒットがありますよね。

 

「骨盤体操」に「産後」 も加えて検索すると数は多いですが絞り込むことはできます。

 

まずは、どんな体操がいいのかを決める事です。
・一日に何十分もかけて運動するタイプがいいのか
・家事の合間に短時間で出来るタイプか
・わかりやすい体操
・ハードな体操ではなく、ゆっくり自分のペースで体操をしたい

 

などです。

 

そして調べていくうちに、思ったことがありました。

 

サイトの中で文章で説明されている体操と、動画をみながら出来る体操があって文章だと、きちんと説明されているけど
結局は「こんな感じ?本当にこれで良いのかな?」と不安を持ちながらの体操になってしまう気がしました。

 

このような、思いから私は動画に的を絞って調べるようになりました。

 

動画に的を絞ることで、ヒット数もかなり減って調べやすくなりました。

 

色々な動画を見てみて体操をしている人の雰囲気、説明、体操の時間、など「これだ!」と思った体操は、書き留めたりしてリストに入れましょう。

 

そして、ひとつずつ動画を見ながら体操をしてみます。

 

立ったままでできるのか、横になってするのか自分はどちらの方がやりやすいのか

 

 

「これが良い」と思った体操を、毎日じっくり進めていくのです。

 

骨盤の開きを元に戻す運動は、一度行えば「よし!戻った!」と言うわけには行きません。

 

毎日、こつこつと継続することがたいせつです。

 

ただ体操をするよりも、骨盤を意識しながらです。

 

骨盤を元に戻す時期は、産後6ヵ月いない。そして、骨が固まる前の産後2ヵ月までが非常に戻りやすいと言われています。
妊娠中に点いたお肉は、月日が経つどラードのように固まり、取れにくくなるそうです。

 

産後の痛みが軽くなったら、無理をしない程度に骨盤体操を始めることをオススメします。